お問い合わせプライバシーポリシーサイトマップ
トップページ > 保育園を探そう ! >  足原だきしめ保育園

足原だきしめ保育園

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
保育方針
1.朝夕の受け入れ、お別れは「合掌の心」で
2.一日の保育は、「抱きしめの情」で
3.乳幼児保育は、「食事と保育は車の両輪」
4.晴天の日は、「園庭・外遊び、散歩を重視」
  雨天の日は「プレイルームで子供とじゃれ合って遊ぶ」
5.薄着の保育(希望者のみ)・・・秋口に薄着に慣れ、冬に備える
設 置 社会福祉法人 法順会 開所時間 AM7:00〜PM7:00
運 営 社会福祉法人 法順会 入所年齢 おおむね3ヶ月〜5才
入所定員 120名 事業内容
延長保育 (PM6:00〜7:00)
障害児保育  一時保育
園からのメッセージ
 朝の受け入れの時は、保護者には合掌で挨拶し、子供には合掌と抱きしめで挨拶をいたします。合掌は保護者、保育士双方のおごり、たかぶり、尊大な心を自然に沈め、尊敬の念と信頼の心、そして“安らぎの心情”が自ずから生まれます。職員同士の間も同様です。一日の保育を通じて、乳幼児にとって一番大切な事は、ミルクや食事を十分摂って貰うこと、それから健康と慈愛に満ちた保育士との触れ合いであります。食事は一口でも多く食べて貰えるよう、ただそれだけを念じて工夫精進しています。新鮮で出来たての、温かいものは温かいうちに、冷たいものは冷たいうちに食べさせ、味覚的にはより美味しく、視覚的にはより彩りよくするよう努めております。
 「食事と保育は車の両輪」、保護者、保育士、調理員一体を保育園内の第一信条にしています。
保育所(園)の特色
《未満児と抱きしめ保育》 
 朝の受け入れの時、朝の手洗いの時、食事前の手洗いの時、午睡前、保育中の移動の時、お帰りの時のお別れの挨拶時など、一日に5、6回子供たちをギュウと「抱きしめ」て子供達との愛情を確かめ、「慈愛の保育」をしています。
《以上児と抱きしめ保育》
 朝の受け入れの時、午睡後、お帰りのお別れの挨拶時など、複数回行います。

 以上のことが理屈抜きに子育ての原点であり、園児にとってなくてはならないものである、と職員一同ふた心なく信じて保育をしています。
施設長名 梶原 嘉人
所在地
北九州市小倉北区足原一丁目7番1号

大きな地図で見る
TEL 093-541-2111
FAX 093-541-1222
URL http://dakishime.jp
E-MAIL